動物園学を考える会 公開勉強会を傍聴した


f:id:ranchou:20190317053304j:image

動物園学を考える会 公開勉強会

『動物園の価値と評価を考える』

 

主催の村田園長のツイートで開催を知って行ってみました。

別にその道のプロでもない紛れ込んだ一般オタクなりに面白かったです。

細かいレポートとかは割愛、後日公開予定らしいので。

 

ここからはMRZK先生にも言われてしまったプロではないオタクのうちのさらに低俗なオタクの駄文。

 

私は幼い頃から動物が好きで、中学生以下無料を振りかざせるうちは何度も親に東山動植物園に連れて行ってもらって育ちました。

(名古屋港水族館に行った記憶があまりないのは多分、高いからだな……)

他、家族旅行の先でも三重に行けば鳥羽水族館や、安くて寄りやすい二見シーパラダイス(今は伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)はそれはもう何度も行ったし、

掛川花鳥園でオニオオハシ頭に乗せたり、群馬サファリでダチョウのたたきとワニの唐揚げを食べた記憶もある……などなど、

こんな育ちをしてきたので大人になって自分で自由にお金が使えるようになったら、動物園水族館に行くためだけに旅行する!っていうのになんのためらいもないどころかブーストがかかってるんやろなあと思います。

お船のジャンルに居たときからすでに思いたったら即行動でやってることは全然変わらないと当時からの知り合いに言われたりもしますが。

そして金が豊潤なわけではないのでだいたい旅行というか日帰りの弾丸で帰ってきますけど。

 

だからね、動物園水族館が身に染み込んで好きなので、

現場の飼育員さんの話が聞けたどうぶつ図鑑は好きだったし、今月のいきものも基本定点ながらねじ込まれる館内ツアーとか好きだし、

 

ちく☆たむが

「どうぶつ!よーいドン!を全国の動物園水族館公認応援ソングにする!」

声パラのインタビュー記事で

「ちく☆たむが全国の動物園水族館の公式応援大使になる!」

って掲げたとき、それはそれは喜んだんですよ。好きなものと好きなものが合わされば誰だって喜ぶ。

デカいこと言ったなとは思いましたよ。曲もはじめ番組で生まれた曲だったし。

でも、本気で取り組んでくれるなら、本気で応援しようと思ってました。

 

で、2人が動物園水族館を応援すると言う、私は元々動物園水族館がスキだった、

でも改めて、動物園水族館って何なんだろう?どういう場所なんだろう?と考えるようになって、

今回みたいな勉強会に行ったり、他動物園に関する書籍を読んだりしてみてます。本は読み終わったらまた紹介するかも。

 

で、調べれば調べるほど思うのは、

「全国の動物園水族館を応援する」

っていうのは、本当に真面目に向き合うならめちゃくちゃ重いんだろうなっていう。

 

昨日の勉強会でもあがった話で、

種の保存や動物福祉を目指す動物園に、遊園地やイベント、キャラクターショーなど人間の娯楽は必要なのか?

それでとりあえず来てもらって、「あー楽しかった」で帰ったら、動物園としての社会教育は?

どうしたらそういった「動物園以外が目的で動物園を訪れた人に、園が伝えたいこと」を伝えられる?

ていうかそもそも、某4chの天才を喜んでる人が大半な世間で、「動物園が掲げて目指す目標を、本当に動物園に求めてる人」ってどれだけいるの?

来園者数だけが良い動物園の物差しじゃないけど、人が来なければ経営は続けられない、でも動物園側が思ってる良い動物園を誰も求めてなくて、それを真面目に貫いて人が来ずに潰れてしまったら……

 

答えがなくて終わりがないんですよね。

 

今回の勉強会は動物園が主でしたが、

本当に動物のためにならイルカショーにプロジェクションマッピングなんてもの要らないとかね。

水族館の方はこの先何館か新設予定がありますね。経済効果○○円を見込んで〜みたいなプレスリリースを読みました。

何のための誰のための水族館なんでしょうね?

 

動物園水族館自身が在り方を悩むなかで、

ちく☆たむの2人ってそもそも、動物園水族館をどういった場所として捉えてるのかな?

キャッチコピーにしたって、動物園水族館ってそもそも何か考えてみた?

考えてみてから公認応援ソングにする!応援大使になる!って言ったのかな?

この辺はどこかでいつか聞きたいですよね。

 

 

正直今、荒れに荒れてると思いますよ。

ようかい図鑑スタート時は、動物じゃなくても活動があればそこからなにかに繋がるだろうと好意的に見てました。

今もようかい図鑑という番組自体に罪は無いと思ってます。

ていうかそもそもあの番組、実験放送の機能紹介・テストをしなければならないっていうのが大筋だから、そこにホラーを後付してるんだし、企画として纏め上げるのが難しすぎる。

バスツアーは感想の提出が出来たので、上にも書いたなにかに繋がればの気持ちから「動物園ツアーとかも出来れば……」みたいなことを書きました。

 

ぶらり旅は、土曜日現地にいました。

京都水族館トークショー……2人は「ちく☆たむ」としてイルカスタジアムに居ましたか?

館内見学してた放送の方が、ペンギンやアザラシや見て体がああなってるこうなってるって活き活きしてたように思う。

なんなら和ろうそく見学の方が見てて良いと思った。2人が質問して情報が入ってきて良いリアクションしてる。

全国の動物園水族館の公式応援大使を目指してるユニットなのに、そんな話した?

せっかく動物園や水族館にコネクションがある番組ディレクターについてもらって、何か「ちく☆たむ」として進展はあった?

お仕事だったMIYA-CCOの魅力は引き出せた?

私は正直、秋吉台サファリランドトークショーの方が面白かったな……構成の問題かもしれないけれど、2人が何をしてたかの印象が薄い。

ぶらり旅全体の感想としては「2は難しいって前回のディレクターに言われたなかで予算もないだろうに頑張って実行に移したね」というかんじです。

上に書いたように和ろうそくとか水族館で生き物見てるときは図鑑を思い出して楽しかったし、カラオケで歌が聞けたのは良かったけど、とりあえず前より予算ないんだろうなーって思いました。

 

このまま最近にあったことの話をすると、

ランドは触れるだけで大怪我しそうなんですけど。

バスツアーのときもぶらり旅のときも文句言ってる方は大勢いたようですが、私の考えでは何もなかったのは当たり前でしょうねという。どちらもニコニコの企画なんだから。ファニコンの仕事じゃない。

ファニコン……ちく☆たむランド運営自身は今のところたいしたこと何もしてない。

あれですかね、屋形船の初回ゲストが2人なのは広報大臣(笑)のお仕事の成果ですか?

みたいな、何も2人の力じゃないって目で見られることもある可能性なんて何も考えてなかったんでしょうね。

私も別に好き好んで嫌に思いたくないんですけど、

私が応援したかったのは「全国の動物園水族館の公式応援大使になる」と言ってくれたちく☆たむであって、

何を目指すかもよく分からない「一国の王女2人」のちく☆たむに対してどんな気持ちを抱いたらいいか分からないです。

王女になったちく☆たむは今でも、全国の動物園水族館を応援したいと思ってくれていますか? 王女には動物園水族館という存在はどのように映ってますか……?

何か動いてるかもしれないけれど、基本経過報告も何もないからファンの視界に入らないので、ただただコンテンツが増えずに死んでいくさましか分からないんです。

どうぶつ図鑑のときから、図鑑がゲストの方針だったり番組構成だったり色々なことをやりすぎて、図鑑に求めることがファンの中でもバラバラになって、その結果何をしても喜ばれながら不満を言われるような状態になっていたと感じていましたが、

多分同じことがちく☆たむでも起きてるというのをチャットやツイッターを見てると思います。

 

私も、疲弊してる。

個人的に応援は続けているけれど、どの程度のスキでいられるか、どこまで着いていけるか分からないし、

少なくとも今のファンの渦の中には居たくない。

毎週のように動物園水族館に行ってるのは変わらないです。

整頓する気力が湧けば写真もあげるかもしれない。

行ってる一方で、自分の好きな場所を好きな人たちが盛り上げてくれるなんてそんな都合の良い話あるわけがなかったのか、

純粋に信じた自分が馬鹿だったんだろうとも思い始めてます。

バイクで訪園館:よこはま動物園ズーラシア

バイクで:行ける

無料駐輪場有り

 

いつまで続くのか第二弾

写真を縮小して用意するのが一番手間なんですわな

そんなわけで今週末はズーラシアに行ってきました

多分ほとんどの方が中原街道側から曲がって入ってこられると思うのですが、

曲がった先、左手に正門が見えて、その奥に駐車場があります

ですが駐輪場は、正門のちょうど反対、曲がった先の右手側にあります

だいたい交通整理のおいちゃんがいるので誘導してくれると思いますf:id:ranchou:20190106182723j:image

こんなかんじ、走ってきた側を振り返って撮ってます、画面の右にズーラシア正門ですね

右に入って、観光バス用の広い駐車場の歩道を少し行った奥にありますf:id:ranchou:20190106182951j:image

クラッチレバーの先端は折れてます

 

正門
f:id:ranchou:20190106184447j:image

ズーラシアは何度も来ているのですが、今回のお目当ては「裏方ウォッチング」というバックヤードに入れるイベントです

これ

定員がありますということで、9:30集合のところ少し早めの9:10頃着きましたが、

その5分後には受付締め切られた、あっぶない

 

今回参加したのはウンピョウ&アカアシドゥクラングールの回

f:id:ranchou:20190106184231j:imagef:id:ranchou:20190106184242j:imagef:id:ranchou:20190106184254j:image

こちらは表のウンピョウ

もうこのうまーうーんぴょーほっきょくうさっぎー♪のウンピョウです

ちく☆たむの「どうぶつ!よーいドン!」買ってくれよな

身体の模様が雲形なので雲豹

日本で飼育している動物園はズーラシア高知県立のいち動物公園熊本市動植物園、と関東ではズーラシアでのみ飼育しています

もう一種のドゥクラングールはおサルさんです、日本で飼育しているのはズーラシアのみとなります

この時期は寒いので表には出とらんそうです

 

定員20人の裏方ウォッチングは入ってからさらに二手に別れて、まずはドゥクラングールがいるオナガザル舎へ

※一応バックヤードの写真をネットにあげていいか確認は取っていますf:id:ranchou:20190106193324j:image

ずらーっと奥まで、奥に人だかりを気にしてかこっちを見ている個体がいますねf:id:ranchou:20190106193418j:image

こちら飼育員さんに寄って近くまで来てくれたドゥクラングール

おねえさんが思うドゥクラングールの特徴として、他のおサルさんよりだいぶ穏やかで、すごいカメラを近付けて撮影している方がいらっしゃったのですが、そう近付かれても手を伸ばして出したりはしないそう

してカメラのお兄さん、AF補助光も動物の前では切った方がいいと思うな

オナガザル舎を出たら次はウンピョウ ……ではなく少し寄り道

f:id:ranchou:20190106193832j:image

インドライオンのバドゥリくんがおやつタイム

ちなみにライオンといえばアフリカのライオンですが、二種の違いは、インドライオンはお腹にたるんだ皮があるそうです、へーf:id:ranchou:20190106194343j:image

そしてバドゥリくん、がおがお口を大きく開けておやつを催促するのですが、

これはきちんと「口を開けたらおやつが貰える」と覚えてもらって、こうして口を開けて健康状態をチェックし易くするそうです

続いてウンピョウ

f:id:ranchou:20190106195036j:image

ここではお肉をあげていいそうで

おいおい聞いてないぞそんなの、へへへf:id:ranchou:20190106194824j:image

アグレッシブ

これは別の方が別の個体にお肉をあげてる可愛らしい理想的な状況写真f:id:ranchou:20190106194912j:imagef:id:ranchou:20190106195019j:image

いつもより近くじっくり観察できたので楽しかったのに違いは無しです、おすすめです

 

この先は他撮影した物をぺたぺたと

ズーラシアはとにかく環境が良いから撮るのも楽しくて写真が増える増える


f:id:ranchou:20190106195814j:image
f:id:ranchou:20190106195824j:image
アカカワイノシシ

f:id:ranchou:20190106200606j:imagef:id:ranchou:20190106200615j:image

ダルマワシ

f:id:ranchou:20190106200630j:image

ミナミジサイチョウ

f:id:ranchou:20190106200737j:imagef:id:ranchou:20190106200754j:image

ヤブイヌ

f:id:ranchou:20190106200929j:image

リカオン

f:id:ranchou:20190106201329j:image

セスジキノボリカンガルーf:id:ranchou:20190106201341j:image

アカカンガルー

f:id:ranchou:20190106201357j:image

スマトラトラ

f:id:ranchou:20190106201413j:image

ドール

f:id:ranchou:20190106201428j:image

インドゾウのラスクマルとシュリーf:id:ranchou:20190106201647j:image

ホンドギツネのコウシロウf:id:ranchou:20190106201706j:image

ツシマヤマネコ

f:id:ranchou:20190106201745j:image

ユーラシアカワウソ

f:id:ranchou:20190106201759j:image

アムールヒョウダッシュf:id:ranchou:20190106201829j:imagef:id:ranchou:20190106201839j:imagef:id:ranchou:20190106201848j:image

フンボルトペンギン

 

一日居ても全部見て回れていない

ズーラシアはいいぞ

バイクで訪園館:横浜市立金沢動物園

バイクで:行ける

無料駐輪場有り

 

ブログの使い道として、こういうものを立ててみた

行った先でバイクが停められるかっちゅうのが一番アレなもんで、その記録

語彙力

 

金沢動物園は高速道路から直に入る駐車場と下道から入る駐車場があるらしいですが、今回使ったのは下道の方、笹下釜利谷道路から来る

ただ行ったときは記録することを考えてなく駐車場の写真を撮ってないので、とりあえずGoogle Mapを共有

https://maps.app.goo.gl/pXFyA

駐車場に入ってすぐ左に曲がると駐輪スペースがあります

環状2号線側から来たのですが入れずぐるっと回ってきましたとさ

 

一応バイクの写真

f:id:ranchou:20190102094231j:imagef:id:ranchou:20190102094244j:image

CB250Rくんです

ブログはじめたときの記事にバイクが欲しいみたいなこと書いてありましたね、無事なんとか年内に免許取れて買えました

全然バイクがよく映える場所で写真撮ったりしてないのでバイクの記事写真はまた追々

 

動物園へは、駐輪場&駐車場からシャトルバスで上げてもらいました

親子連ればっかりだったね、仕方ないねf:id:ranchou:20190102094620j:image

ツイッターでやってるお約束のやつ

金沢動物園でちく☆たむカードを提示しても特に何もありません

 

今回は滞在時間が長くなくてそんなに写真がないのですが、

わりとよくある懐かしくなる感じの動物園でした

動物の種類に対しては敷地が広いというか、坂が多いので歩き回りやすい格好がいいです

ゴワッゴワカッチカチのプロテクター入りジャケットとブーツじゃちとキツかった


f:id:ranchou:20190102095359j:imagef:id:ranchou:20190102095411j:image

行ったときちょうどカピバラの打たせ湯イベントをしとりました

お湯が流れ始めた音が聞こえるとばっと立ち上がって浴槽(?)に駆け込み、気持ち良さそうな顔して浴びてるんだ

よかったね

 

他の動物

f:id:ranchou:20190102123440j:imagef:id:ranchou:20190102123502j:imagef:id:ranchou:20190102123515j:image

カモシカさんすこ


f:id:ranchou:20190102123545j:image

オオカンガルーが予想以上にわらわらおりました

カンガルー島の中を歩ける道は行った時間もう閉鎖されてて残念……

山口県秋吉台サファリランドでカンガルーに触れる機会があったのですが、やつらはやべえ、中毒性のある想像以上のふかふかだ、迂闊に近付けば抱え込みたくなってしまうので遠巻きでよかったかもしれないf:id:ranchou:20190102123905j:image

ずぽっ

あと、どうやらアルビノのカンガルーさんがいるらしく、見たときちょっぴり驚いた

ルビーさんというそうです
f:id:ranchou:20190102123957j:image

 

コアラとオカピと珍しい動物がいるのもポイントかもしれない

コアラは寝てた、コアラは食事時以外寝てるものだ、子どもの頃は東山動植物園に通っていたからよく知っています
f:id:ranchou:20190102124113j:imagef:id:ranchou:20190102124123j:image

ちなみにオカピはキリンの仲間なのですが、

それらしく舌がめちゃくちゃ長い、ドン引きするぐらい長い

何故かその長い舌で自分の頬をべちべち叩くので
f:id:ranchou:20190102124225j:image

べちっ

 

また、木の裏にいて写真は撮れなかったのですが

「ガウル」という野生ウシでは世界最大級のウシさんがおりまして、こちら日本で見ることができるのは金沢動物園さんだけだそうです

 

一匹一匹をのんびり観察しながらまわりたい園でした

好きな番組が終わった

まあ、長いことブログ放置されていたわけで

立てたときはもっと何もしてなくて、文章を書く機会もそうなかったから始めたんだけど

それが自分から勝手に忙しく怒涛だったのだ

 

好きな番組が終わった

番組なんてだいたいいつかは終わるものだ

アニメだと1クールとか終わる時まで決まっていたりする

それでも、全12回予定が変わって継続となり、番組のテーマ曲まで出来て、1周年も乗り越えて、

最近接続数の低下や、番組の進行順を変えた方がいいんじゃないかと思うところがないわけではなかった

それでも終わるだなんて思ってもいなかった

始まったものが終わるなんて、当たり前のことだ

それでも私は会う人に「魂が体に収まってない、上の方を漂っている」と言われるような状態で、

いうなら番組の亡霊だ

 

今年私のツイッターをフォローした人には、私がわりと得体がしれないだろうなと思う

春にぱっと突然わいて出てきて、そっち方面のフォロワーは皆無だったのにどこからかイラストがプチバズり(あの絵のコメントは今でももらうことがある)、

そこから今までずっと自分でも意味が分からないぐらい色々してきた

 

がむしゃらだった、思い返しても本当に意味が分からない

ただただ、見る人がファンの人が増えて、企画参加者が増えて、コンテンツ力があると説得を持たせて、

「なんとしても番組を終わらせたくない、形が変わっても続けられる力を持つために少しでも力になりたい」

それだけだった

私は、自分の好きなものを失いたくないから頑張ってきた

臆病者なのだ

気が落ちてるときはドアを開け閉めするだけで指をはさんでそのままちぎれ落とす幻覚が浮かぶぐらい気が弱いのだ

2の冠を抱え新たに始まったときから、ある意味終わる日のことを考えて、そこからなんとか逃れようとした、ただの一視聴者が何か出来るわけでもないのに

 

だけど、何が悪い? 好きだった、ただただ好きだったのだ

周りからは急に湧いて出た新参者に見えようともそれでもずっと好きだった、番組を利用して自分の売名をしたいわけでもなかった

ただ番組が好きだったから、何かがしたかった

直接投資出来るわけでもない無力な自分が悔しかった

毎週必ず訪れるということはもはや習慣で、人生の一部だった

出来ることならなんでもしたい、ほんとうに少しでも形になって力になりたいと、番組の情報は全て拡散した

番組で紹介された施設には出来る限り足を運んだ

番組出演がきっかけで来園館者が増えたという実績に貢献しようとした

番組が責められていることが自分のこと以上に苦しくて、

その月の貯金を飛ばそうが新幹線にだって飛び乗った

もはや自分が楽しむためか何のためか境界線が何も分からない、自分のためでもあることならそれは偽善なのでは? と思いながらも、

「何もしない」はしたくなかった

 

番組は、コンテンツ内唯一の楽しみだった

食わず嫌いはせず、アプリゲーム2本もやって、短アニメーションも見て、2がついた舞台も観た上で、

そのどれもが面白いと思えなかった

元々キャラクターデザインに惹かれたわけじゃなく、ストーリーもどれも響かなかった

舞台の都合で番組が休みになったとき、普段無いぐらい混乱したし怒った

私にとっては番組の方がそれだけ大切だし、許せなかった

その週、気は進まないながらも、チケットを取っていたので舞台は観に行った

落胆した、何も楽しめなかった

ペンギンたちの出番以外、これだけのために突如貴重な一回を失わされたのかとしか感じなかった ペンギンたちの出番すらギャグに振り切れ過ぎであんまりな扱いじゃないか?としか思えなかった

終了後、1秒でも長くその場に居たくなくて即水族館に移動した

水族館で悔しさを堪えてた、観に行ったとすら公言したくなかった

 

全てに対して良い人でいるのは疲れる

基本的には、人当たりは悪くないと思う

ただし勝手にレッテル貼られるのは苦手だ

知らない奴から妙な肩書を付けられたり、勝手に人間を勘違いされるのは勘弁願いたい

自分の大切なものが傷つけられるなら、その相手にまで良い顔をするつもりもない

善人じゃないのだ、何を言われても怒らないわけじゃないんだ、勝手な理想を押し付けないでくれ、やめてくれ

今年の後半は何度もそんな気持ちに押し潰された

 

ぐちゃぐちゃな気持ちの中で唯一の光だった

枠を飛び越えて、と2人の力で進んで行こうとする2人のためにも必要なホームだと思ってた

そんな番組が終わった

もう一つの番組では、決して代わりにはならないだろうし、

もし、番組が復活したとしても、あのメンバーじゃなかったら余計に心は叩き潰されるだろうと思う

 

願うのは、何にも縛られない形で帰ってくること

それまでは、少なくとも2人の次の活動が決まるまでは、何事もないような顔を作りながら亡者のように彷徨っていると思う

私にはあの、最後の開始前への恩返しに出来ることが、ない

Carl EdmondのGranit 29mmモデルを買った話

腕時計の話
f:id:ranchou:20180421082145j:image

ずっと

・角型

・バーインデックス

・幅30mm以下

の時計が欲しかったんですよね。

ないんですよ全く。

雑誌で見つけて、これだー!!!って一度見に行って、その4日後には我慢できずお迎えしました。

スペック的にはサファイアガラスの3気圧防水、らしい。
f:id:ranchou:20180421082534j:image

ラグデザインが上下で違って、上にはロゴいり。
f:id:ranchou:20180421082708j:image

りゅうず側。
f:id:ranchou:20180421082756j:image

裏面。真ん中のはカール・エドモンドのマークらしい。
f:id:ranchou:20180421082856j:image
f:id:ranchou:20180421082917j:image

ベルトと名前とかタンショー社のオーガニックレザーとかいろいろ入り。

ベルトはレバーひとつで外せるタイプです。
f:id:ranchou:20180421083044j:image

時計の端までしっかり角型。
f:id:ranchou:20180421083124j:image

腕につけるとこんなかんじ。

私の腕周りは約15cmでした。
f:id:ranchou:20180421083310j:image

Amazonで買った安Dバックルを装着して使ってます。

 

気に入ってるけれど、傷付けたくないから仕事中には使えないなあと通勤中ぐらいしか普段はつけられてない。

ずっと付けててヤスリで引っ掻くよりはいいや。


f:id:ranchou:20180421083456j:image

なんだかよく分からない時計ばっかり持ってます。

AQUOS R compact SHV41 をしばらく使った感想

SHV41使って一週間以上経つからそろそろね。

(注:この記事は3月16日から書き始められました)

全然情報無いですねこの子、同時にぺりあのコンパクトも出たからね……

基本的には前機種 SHV33 と比較しながらの体感のお話になります。

 

 

 ホームアプリ

まず、ホームアプリですが。SHV41にデフォルトで入っているのは

  • auベーシックホーム
  • AQUOS かんたんホーム
  • AQUOS Home

この3つです。ぶっちゃけ全部使いにくいです。

SHV33のときは Feel Home という物が入っていて、これが特に使い勝手も悪くなくまたホームランチャーを入れる本体容量の余裕もなく使用していたのですがリストラされてしまったようで。

なんで今機はNova Launcherを入れています。のでスクショのホームとかは全部SHV41のデフォルトの物ではなくカスタムしてある物になります。

 

 ノッチ

次、自撮りカメラことノッチについて。
f:id:ranchou:20180316082004j:image

画像はauの公式サイトからお借りしました。

あの、本体上部の黒い切り抜き部分のサブカメラですね。

がっつり液晶食い込んで邪魔では?という感じのやつ。

結論から言うと、慣れたら邪魔じゃないです。
f:id:ranchou:20180316082413j:image

ホーム画面のスクショです。

ステータスバーの「…」って省略されてる右にカメラがあります。無理やり通知をぶち抜いていったりとかは無いです。

唯一カメラが被ったのは、Twitterの画像全画面表示ぐらいかな。
f:id:ranchou:20180316082847j:image

で、こういうふうにバーが降りた状態にもなるんで不便はない感じです。^のところをちょんと押せば上に上がります。

ノッチが対応してると、こんなかんじ。

じゃあ対応してないと
f:id:ranchou:20180316083109j:image

 FGOで失礼します。

この、画面の左部分のグレーエリア、ここがノッチの幅で切り抜かれてます。

まあ、完全全画面にはならないですよね。

全画面にしたらカメラ被るし。

せめてなんかブラックアウトでよくなあい?って思うけども、なんかここはアプリによって違うっぽいんですかね。

それで、こう、ゲームとかする人はスクショ撮ると思うんですよね、ガチャの爆死結果とかね、

ご覧の通りノッチ切り抜き部分が映り込みます、

Androidデフォルトのスクショ撮影だと。

あれです、電源ボタンと音量ボタン同時押しのやつ。

一応このノッチ切り抜き、ステータスバー?の撮影回避方法は元からSHV41に入ってます。
f:id:ranchou:20180316083807j:image

これ、そっちで撮影した画像です。

Clip Now」という、AQUOS便利機能って名前がついてる画面撮影機能です。

画面の左上から右上に指をしゅーってスライドさせたら画面撮影が出来ます。

ただ、けっこー判定がシビアで慣れるまでしょっちゅうステータスバーが降りてくるだけになります。

ある程度慣れたらケース付けてて固い電源音量同時押しより片手で出来るし楽かなーって感じですね。

 

 指紋センサー (AQUOS便利機能)

次、指紋センサーについて。

上記Clip Nowと同じくAQUOS便利機能に設定されています。

まあ、指紋認証ですから、基本的には画面ロック解除機能とかですよね。楽ちんですね。

で、AQUOS便利機能のAQUOS的要素として、「ナビゲーションキー」としての設定が出来ます。

どういうことかっていうと、

  • 指紋センサータップをホームボタンとして使う。
  • 左から右になぞると戻るボタンとして設定
  • 右から左になぞると履歴ボタンとして設定
  • 液晶画面上のそれらのボタンを非表示にする

 これがまあ、便利。

画面は心持ち広くなるし、真ん中でスイスイしてるだけで操作できるし。

これは設定でONにしておくことをおすすめします。

 

 文字変換 (シャープアプリ)

次いで、文字変換「S-Shoin」なのですが……

S-Shoinはシャープスマホのキーボードで、特に不便もないのでずっと使っていたのですがが……
f:id:ranchou:20180326083613j:image

変換ボタンが無くなってました。

改行を大きく押しやすくして、変換は予測変換を開いた奥に押し込んだようで……

え、え、なんでえ……?

カタカナ変換とか簡単に出来てたのがわざわざ予測変換を開く手間が……

ってことで、流石に付き合ってられなくなってGoogle日本語入力をインストールしました。

本体変換に無いものもwebから引っ張ってこれたりよかったところもあったんだけどなあ……

 

他にも、今機種はちょっとシャープスマホとしては頂けないところが多い……
f:id:ranchou:20180326084430j:image

SH電話帳、非対応。
f:id:ranchou:20180326084516j:image

SHメモ帳、非対応。

……

なんでだよ!!

前機種でバックアップ取ってるデータ引き継げなかったらシャープスマホ乗り継いでってる意味、ないやん!

ずっと使ってきてこれは初めてだったので衝撃……

仕方ないので移しておきたいメモ帳データとかは手打ちで全部別アプリに打ち直しました、とほ。

 

 カメラ

最後に、デフォルトのカメラのお話です。

記事書き始めから公開までえらい時間がかかったのは主にこいつと残業で疲弊していたせい。

まずは写真をご覧ください。
f:id:ranchou:20180402225214j:image

みなとみらいのお花です。

マクロ設定でも若干ピントがあってないのはおいといて……

……なんか、白くない?

深い紫の色が出ていない……

 

f:id:ranchou:20180402225908j:image

これも、空が青天ではなかったにしろちょっとあんまりにも白い。

 

f:id:ranchou:20180402230025j:image

なんかこう、えらく露出が+なような、明度が高いような、白飛びしてる写真ばかりが撮れる……

コントラスト描写が苦手なのか? 毎回下に引っ張って明るさを下げないと現実に近い画面にならないという状態。

光学手ブレが無いとかは仕方ないにしても正直めちゃストレス。


f:id:ranchou:20180402230403j:image

モーターサイクルショーで撮ったKTM250DUKEですが、白いフェンダー部分の描写など全部白飛びしてるような状態。これでも明度を下げていたはず……

あとめちゃブレる、前のスマホも光学手ブレ補正はなかったはずだけどめちゃブレる。なんだ、オートのシャッタースピードがよくないのか? しばらく触ってみましたが原因判明できず……


f:id:ranchou:20180402230824j:imagef:id:ranchou:20180402230845j:image

並べるのもあれではありますが、上がSHV41で撮影したもの、下がニコンD3200の標準キットレンズでほぼ同じ画角になるよう撮影したものです。

私のD3200はだいたい風景を撮ってるので彩度高めの設定にはなっているのですが、そんなに暗く写るようにはしていなかったはず。

SHVの方の白ののっぺり感をもう少しなんとかする設定を探したい。

 

f:id:ranchou:20180402230739j:image

ラーメンはまあまあきれいに写りました。いんすたばえ。


f:id:ranchou:20180402231523j:image

これは帰宅中闇夜に遭遇した猫ちゃんです。

真っ暗なところで撮ったらどんな感じになるかのイメージ材料にしてください。

f:id:ranchou:20180402234231j:image

これは暗闇に落ちていた丸太です。

 

あと映り以外でこのスマホカメラの特徴におすすめ画像というのがあります。

名前じゃなんのこっちゃ分かりませんが、写真傾いてんぞとかもっとアップで撮りたかったんだろみたいなことをスマホが判断して補正画像を勝手に作ってくれます。
f:id:ranchou:20180402232049j:imagef:id:ranchou:20180402232057j:image

これは飲みの席で組み立てたしゃちロボの記念撮影会なのですが、

オリジナルでちょっと斜めなのを真っ直ぐにしておいたでってかんじですね。

補正が作られた画像はアルバムアプリで見ると右上に四角がついてます。


f:id:ranchou:20180402232432j:imagef:id:ranchou:20180402232439j:image

でもこのハニトーは私が撮った写真の方が傾いてないと思うんですけど?


f:id:ranchou:20180402232607j:imagef:id:ranchou:20180402232620j:image

拡大して切り抜くときは思い切って構図バランスもなんもクソ喰らえみたいな感じで切り抜いてくれたりします。

違うよ、確かに獺祭が主役だったけれどちらっと右にツマミの皿を見切らせておきたかったんだよ。

あと主役の獺祭にピントがあってたりするわけでもないよ。

 

というわけでおすすめ画像がめちゃおすすめとは思っていませんが面白いんで設定は切らずにおいといてます。

カメラの白飛び感については、一度別のカメラアプリをインストールして撮影を試してみないとだめかな……

私がぐちぐち書いてたことが気にならない方は別に問題なく使えると思います。

 

 バッテリー

最後じゃなかった。

バッテリー、充電についてですが、まあそんなに持ちはよくないです。

勝手にガンガン減ったりは今のところありませんが、使えば使ったぶんだけ減っていきます。

で、本体が小さいぶんバッテリーも小さいので、出勤中退勤中ぽちぽち3D描写とか無くてもゲームなりしてたら退勤中に充電切らすこともざらにあります。SHV33と比べても別にもちが良くなった感じはないですね……向こうは限界スマホで触ってない間でもラインが来ててごりごり減ったりしていましが。

がっつり重いゲームもやって充電長持ちしてほしい方はもっと大きいバッテリーを積んだスマホをおすすめします。

 

 まとめ
  • そこまでヘビーユーズではない
  • 片手ですいすい操作したい
  • 写真に口うるさくない

そんな方にはおすすめ出来ると思います。

特に指紋センサー操作は優秀です。右手親指位置の安定感。

あとノッチは全然邪魔じゃないですね。ノッチは邪魔じゃないですがゲーム中のノッチ逃しエリアは気になる方は気になると思います。

普通の機種ってかんじです。

獺祭スパークリングの話


f:id:ranchou:20180306081445j:image

 

ご存知ですか、獺祭、だっさい、かわうそまつり。

飲みやすい美味しい日本酒です。

私は何で知ったか忘れました。

今はもっぱらヤケザケペンギンさんのイメージです。

以前は広島に住んでたからかぼちぼち見かけてたんですが、横浜に引っ越してからはとんと見かけなくなりまして、

ただちょこちょこラジオで獺祭獺祭獺祭様とか聴いてたら久々に飲みたいなーとか思ってました。

 

で、スパークリング日本酒というものが私好きなんでして。

有名なのは澪ですかね、というか最近澪しか見ない。

はじめて飲んだのはたしか大学生時代の宅飲みで、スーパーバイトの友人が持ち込んでくれたラシャンテってやつ。

甘い!美味い!飲みやすい!

ってかんじで甘党にはツボでした。

 

で、獺祭飲みたいなー調べて買いに行くかー!って街に繰り出して、

棚に並んでる中にスパークリングの獺祭があるのを発見。

まあ、買っちゃうよね。

どんなかんじか試してみるかーって買っちゃうよね。
f:id:ranchou:20180306081701j:image

白い!!!!!

出したらこいつぁ鬼のように並ぶ澪とは違うぜってかんじ。

で、口にするわけですよ。

 

すごい、「スパークリング日本酒」ってかんじ!!!

 

語彙力。

いや、澪とかラシャンテとか、日本酒ってかんじは薄いじゃないですか。

いつもアルコールがほんのり入ったサイダーってかんじで飲んでるのが、

買うとき見てなかったけどアルコール度数14は強かった。(よくあるやつらは度数5)

これはめっちゃ日本酒だった。

なるほどね〜〜〜〜〜って。

ただ日本酒感ありありだけど辛くて次の手が出ないみたいなかんじは全くないのは獺祭のオーラ。

とりあえず、美味いがぼちぼち度数があるから次の日休みのときにちびちびしか飲めないなあ。

 

 
f:id:ranchou:20180306082502j:image

ちらちら映ってる白いお皿は、西京味噌諸々を揉み込んだ豚肉を焼いてついでにえのきも放り込んで更に焼いたクソザツ料理。

うまいぞ。